木もれ陽のうた



<   2005年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧


マース


  朔(さく)の夜に漕ぎ出すボート水面には今宵マースのほしあかり見ゆ  亜希子
 

  さびしくて画廊を出づる画のなかの魚・壺・山羊らみな従へて  中城ふみ子

[PR]
by komorebinouta | 2005-10-31 23:36 |

帆を張る船

 
  沖をゆく帆を張る船を見ていしは少年のわれ風の匂えり  亜希子


   よきものは一つにて足る高々と老木の桜咲き照れる庭  窪田章一郎

[PR]
by komorebinouta | 2005-10-30 20:56 |

落葉


  落葉(らくよう)の踏まば沈めるその嵩の鎮まりがたき想いと言わん   亜希子


  をみなへし咲く沢に生(お)ふる花かつみかつても知らぬ恋もするかも

                              中臣女郎(なかとみのいらつめ)

[PR]
by komorebinouta | 2005-10-27 20:41 |

夜半過ぎまで


  海へ挑みし老人の瞳思いおり夜半過ぎまで打つキーボード  亜希子


  眉しろき老人(おいびと)をりて歩きけりひとよのことを終(をは)るがごとく  斎藤茂吉

[PR]
by komorebinouta | 2005-10-26 21:01 |

音のみならず


  友の弾くグランドピアノの響けるは音のみならず人想う夜  亜希子


   赤とんぼが海へ出てゆく振り返るとんぼをさういや見たことがない  柳宣宏

[PR]
by komorebinouta | 2005-10-25 23:40 |

木魚


  侘びながら生きる木魚も重たかろとて仏門に入りし祖父はも  亜希子


  より添える獄窓(まど)に月あり死なず済み春の静かなひと日昏れたり  島秋人
 
[PR]
by komorebinouta | 2005-10-24 23:45 |

なお静か


  みずうみはなお静かなり樹を空を雲を映して風渡らせる  亜希子


  秋をへて時雨ふりぬる里人もかかるもみぢのをりをこそ見ね  紫式部(源氏物語)

[PR]
by komorebinouta | 2005-10-23 23:54

木管楽器


紅葉の樹々見えぬ街冷えまさる木管楽器を抱きて眠れ  亜希子


琴の音に峯の松風かよふらしいづれのをよりしらべそめけん  斎宮女御

[PR]
by komorebinouta | 2005-10-22 23:52 |

あかさ


  紅葉の一樹が想いを告げているあかさ牧草地帯はしずか  亜希子


  おく山にいまだ残れる一むらのあづさの紅葉曇に匂えり   伊藤左千夫

[PR]
by komorebinouta | 2005-10-21 00:59 |

木の風を浴ぶ


  誰か来る気配に振り向く葉を揺らし近づいてくる風を浴びおり  亜希子


  あしひきの山の黄葉にしづくあひて散らむ山路を君が越えまく   大伴家持

[PR]
by komorebinouta | 2005-10-20 10:41 |


歌人 吉田亜希子の短歌ブログです。 一日一首、自作と心惹かれる歌を掲載しています。短歌結社「まひる野」所属(平成2年より)。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
松田咲實 151-..
by ******* at 04:51
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 23:01
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 23:01
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 23:01
労働と所得の分離
by ******* at 07:20
nice site. f..
by Jordan at 02:47
nice site. f..
by Jordan at 02:40
http://www.m..
by Ramon at 23:38
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 18:34
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 19:15
最新のトラックバック
在原業平
from 歌人辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧