木もれ陽のうた



<   2005年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧


親しげな風


 親しげな風受けてそらはまぶしかり青きシャドウの人の笑顔と  亜希子


つばくらめ飛ぶかと見れば消え去りて空あをあをとはるかなるかな  窪田空穂

[PR]
by komorebinouta | 2005-09-29 00:47 |

抜けるあおぞら


  左目のコンタクトレンズ失って道に迷えり抜けるあおぞら  亜希子


 いちまいのガーゼのごとき風立ちてつつまれやすし傷持つ胸は  小池光

[PR]
by komorebinouta | 2005-09-28 01:37 |

ノートはブルー


  思索するノートはブルーと決めている 茹でつづけてきた卵を割った  亜希子


  一瞬を捨つれば生涯を捨つること易からむ風に鳴る夜の河  春日井 建

[PR]
by komorebinouta | 2005-09-27 02:58 |

友の芯


  腕ひろげあって確かむ友の芯燃えるほのおの揺らぎなき青  亜希子


  勝者また無情超え得ずもののふのやぐらほのかに水の匂いす  大下一真

[PR]
by komorebinouta | 2005-09-25 03:10 |

音叉


扉開け今し出てゆくわが内の音叉のながくひびける朝を  吉田亜希子


卓袱台(ちゃぶだい)の上の土瓶に心中をうちあけてより楽になりたり  山崎方代

[PR]
by komorebinouta | 2005-09-23 00:56 |

石のハート

らりるれろきりん描かれたむらさきの石のハートを手に握りしむ 亜希子


革命歌作詞家に凭りかかられてすこしづつ液化してゆくピアノ  塚本邦雄

[PR]
by komorebinouta | 2005-09-21 03:43 |

海原

うまれたての瞳となりて見渡せばシナの海原甲州の森 亜希子


マッチ擦るつかの間海に霧深し身捨つるほどの祖国はありや 寺山修司

[PR]
by komorebinouta | 2005-09-20 07:04 |

望月

望月を川面に拾う仲秋や顔をあげたら行ける気がする 亜希子


しづかなる暁ごとに見渡せばまだ深き夜の夢ぞかなしき 式子内親王

[PR]
by komorebinouta | 2005-09-18 23:42 |

おとこともだち

おお夏の暑さと二日酔いの眼の死にし魚のわが課のおとこ 吉田亜希子


おお! そらの晴れとねぐせのその髪のうしろあたまのおとこともだち 村木道彦

[PR]
by komorebinouta | 2005-09-18 00:33 |

トムウェイツ

わが耳にトムウェイツを流しつつ秋の夜果てるまでを想えり 亜希子


唐衣(からころも)きつつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ 在原業平

[PR]
by komorebinouta | 2005-09-17 02:08 |


歌人 吉田亜希子の短歌ブログです。 一日一首、自作と心惹かれる歌を掲載しています。短歌結社「まひる野」所属(平成2年より)。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
松田咲實 151-..
by ******* at 04:51
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 23:01
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 23:01
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 23:01
労働と所得の分離
by ******* at 07:20
nice site. f..
by Jordan at 02:47
nice site. f..
by Jordan at 02:40
http://www.m..
by Ramon at 23:38
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 18:34
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 19:15
最新のトラックバック
在原業平
from 歌人辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧