木もれ陽のうた



カテゴリ:歌( 66 )


花の芯


直ぐに立つ花の芯わが喉もとにあるらし愛はシンプルに告ぐ  亜希子


われらかつて魚(うを)なりし頃かたらひし藻の蔭(かげ)に似るゆふぐれ来たる  水原紫苑

[PR]
by komorebinouta | 2006-01-05 23:15 |

ボーイソプラノ


  怒の声のおみなことばに響きおりボーイソプラノのびやかに冴え  亜希子


 土の上に火を焚かざりし歳月の長きはおもほゆ夜の神(しん)冷えつつ  島田修三

[PR]
by komorebinouta | 2006-01-04 23:20 |

歌を聴く


  歌を聴く歌をうたえり誰がために想いを込めて聴かすものかは  亜希子


  幾億の生命(いのち)の末に生れたる二つの心そと並びけり  白蓮

[PR]
by komorebinouta | 2006-01-03 23:48 |

はつ夢


  夢ひろう正午まぎわの起きぬけの記憶の浅瀬をくるぶし冷えて 亜希子


  年暮れぬ春来るべしとは思ひ寝にまさしく見えてかなふはつ夢  西行

[PR]
by komorebinouta | 2006-01-02 19:34 |

弓を張るりりしさ


 弓を張るりりしさに似てはつはるの朝の無風にひかり差し込む  亜希子

 
 春ここに生(うま)るる朝の日をうけて山河草木(さんかそうもく)みな光あり  佐々木信綱

[PR]
by komorebinouta | 2006-01-01 01:22 |

さむかろな



さむかろなひとを抱かずかはたれの路ゆき家にたどりつくとき  亜希子


竹は内部に純白の闇育て来ていま鳴れりその一つ一つの闇が  佐々木幸綱

[PR]
by komorebinouta | 2005-12-31 01:17 |

空をゆく



 白雲に虹の映るを見下ろして空をゆくひとりかなしみほどき  亜希子


 かなしみのきわまるときしさまざまに物象顕(た)ちて寒の虹ある  坪野哲久

[PR]
by komorebinouta | 2005-12-30 01:53 |

影の抱擁


  夜の砂のうえに浴びいる月光のまさやかに影の抱擁は見ゆ  亜希子


  身にこもる激しきものの或る夜はかたちをかへていたくやさしも  木俣 修

[PR]
by komorebinouta | 2005-12-29 03:02 |

たちのぼる霧


  地をなでてゆるらに路にたちのぼる霧のなかつよく握り返す手  亜希子


  聴き終えて雪崩のあとのしずかさのかえるいのちをしんと抱けり  三枝浩樹

[PR]
by komorebinouta | 2005-12-28 01:29 |

内なる万華鏡


 赦(ゆる)したら回る内なる万華鏡月のひかりの中に抱き合う  亜希子


 いつかふたりになるためのひとりやがてひとりになるためのふたり  浅井和代

[PR]
by komorebinouta | 2005-12-24 00:00 |


歌人 吉田亜希子の短歌ブログです。 一日一首、自作と心惹かれる歌を掲載しています。短歌結社「まひる野」所属(平成2年より)。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
松田咲實 151-..
by ******* at 04:51
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 23:01
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 23:01
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 23:01
労働と所得の分離
by ******* at 07:20
nice site. f..
by Jordan at 02:47
nice site. f..
by Jordan at 02:40
http://www.m..
by Ramon at 23:38
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 18:34
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 19:15
最新のトラックバック
在原業平
from 歌人辞典
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧