木もれ陽のうた



つま先


 われに兄のなきこと不思議つま先でひかり戯るる水面を蹴りぬ  亜希子


 熟田津(にきたつ)に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな 額田王

[PR]
by komorebinouta | 2005-09-13 07:32 |
<< あかき魚(うお) 一筋の文 >>


歌人 吉田亜希子の短歌ブログです。 一日一首、自作と心惹かれる歌を掲載しています。短歌結社「まひる野」所属(平成2年より)。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28