木もれ陽のうた



影の抱擁


  夜の砂のうえに浴びいる月光のまさやかに影の抱擁は見ゆ  亜希子


  身にこもる激しきものの或る夜はかたちをかへていたくやさしも  木俣 修

[PR]
by komorebinouta | 2005-12-29 03:02 |
<< 空をゆく たちのぼる霧 >>


歌人 吉田亜希子の短歌ブログです。 一日一首、自作と心惹かれる歌を掲載しています。短歌結社「まひる野」所属(平成2年より)。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28